Qステアの最近のブログ記事

Qステア PWM制御実験

| コメント(12)

Qステアを改造して、プロポーショナル・システム化しようとしています。

オリジナルのQステアは、前後左右の動きが全てON/OFFスイッチの所謂「トイラジ」なので、
運転の面白みがいまひとつです。

そこで、ラジコン用のプロポで、
ステアリング切れ角に応じて前輪の舵角が変化し、
スロットル量に応じてスピードが変化するように改造しようと思ったわけです。

今回は計画の第2段階として、PICでPWM信号を作り出して実験してみました。

qsteer_pwm_ex.jpg 

Qステアの回路解析

Qステアを改造して、プロポーショナル・システム化してみようと思います。
つまり送信機のステアリング切れ角に応じて前輪の舵角が変化し、
スロットル量に応じてスピードが変化するようにしたいわけです。

送信機も付属のコントローラ(ON/OFFスイッチ)ではなく、
ラジコン用のプロポや、PCにつないだステアリングコントローラを使えるようにします。

改造の方針は、なるべく基盤上の素子は活用するようにして、
制御用マイコンのみ、自作プログラムを組み込んだPICマイコンに置き換えようと思います。

第1段階として、ノーマルな基盤上の回路を解析してみることにしました↓

qsteer.jpg

Qステア用自作iアプリ

| コメント(16)
赤外線の解析結果をもとに、 Qステア操縦用のiアプリを自作してみました。
私にとっては、純正のiアプリより操作し易いです。

Qステア赤外線解析

| コメント(3)

Qステアを操縦する赤外線リモコンの信号を解析してみました。
解析には、LIRC(Linux Infrared Remote Control)を、
私の愛用しているZaurus SL-C700にインストールして使用しました。
LIRCのSL-C700用バイナリは、こちらこちらをダウンロードさせて頂きました。